DANKE!!


You ain't heard nothin' yet!

ついに来たー!!
【バッカーノ1931 The Grand Punk Railroad】ドラマCDがついに届いたぁぁ!!
ィヤったねっ!! ついに来た、やっと来た、待ちに待ったこの時が。
実はまだ聴いてないけど、楽しみだ。
つうか、付録として入っていた短編小説やトランプもイイ感じ。
これだけでも買ってよかったって思ったね。
今日はこれで十分楽しませてもらおう。

「You ain't heard nothin' yet! (お楽しみは、これからだ!)」
e0008863_16465923.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2006-03-25 16:47


場つなぎ的に

学校卒業しました。
でも就職決まってません。フリーターですね、ダメ人間ですね。
ええ、頑張りますよ、色々と。

とか言いつつ葛葉ライドウをクリアしました。
そこそこ楽しめました。今までのシリーズとの繋がり的なものが見えて、色々想像させられます。
これはシリーズ化するらしいんですけど、主人公のレベルの継承とかあるんでしょうか?
もしかしていきなり弱体化?
今までにも同じキャラクターを使った続編はありましたけど、今回はどうするんだろう。
ペルソナ2の場合は主人公を別のキャラに代え、前の主人公を後から参加させるというやり方、アバタールチューナーの場合は主人公は同じで舞台を仮想世界から現実世界に変えるという手法をとっていたけど、ライドウもこのパターンで行くのかな?
今回は十四代目ライドウだったけど、次は十五代目とかそういうことか。
でも今回の話の中にも、まだ複線的なものが残ってるしなぁ。
どうだろう?
まあ、出たら買うんですけどね。

今日の絵、長州小力。友人の嶋さんのところに無断で描いてきました。
すみません。
e0008863_23521226.gif

[PR]
# by Glashalabolas | 2006-03-23 23:52


メガテン三昧

e0008863_2311922.jpg
いまだかつて無いほど放置していました。
たまに見に来てくれていた人がいたら、すんませんでした。

放置していた間に何やってたかってぇと、卒業するためにアレコレしたり、友達数人と協力して漫画描こうって事になったんでアレコレしたりと、割と充実した日々を送っていました。
その間に見た映画はサイレンなんですけど、いまいちだったので特に何も書きません。

で、発売したんですよ『葛葉ライドウ 対 超力兵団』が。
待ちに待った、デビルサマナーシリーズの最新作。
今までのゲームシステムとはガラリと変わって、リアルタイムアクションな戦闘形式になったので初めは違和感もあったし戸惑いましたが、慣れればこれはこれで面白い。
悪魔を使った捜査システムが面白いですね。やつら良く喋るし。リャナンシーとか可愛いし。
まだクリアはしてませんが、今の所は満足しています。漫画の方が滞ってしまうほど・・・ごめんなさい。

そんでそんで、今日ファミ通読んでみたら今年の7月にアトラスから『ペルソナ3』が発売するとのこと!!
やったね♪ ペルソナシリーズはデビルサマナーシリーズと同様、メガテンシーリーズの流れを汲むアトラスの名作シリーズの一つ。
こんな立て続けに新作が発表されるなんて夢のよう。
しかも今週のファミ通にはペルソナ3のプロモーション映像を収録したDVDが同封されているとのこと!!
無論買ったね! そんでもって、すぐに家に帰って速攻で見たね!
やばいね! スゲー面白そうだ!
今回はゲームの中の時間が1年間という今までに無い長いスパンの物語になるみたい。しかも1日ごとに進んでいくようだ。夏休みや連休などの後はキャラクターたちが元気だったり、風邪引いてみたり、試験前には忙しいからと戦闘に参加してくれなかったりと、リアルな日常を表現するとのこと。
中々に奥の深いゲームのようだ。

で、ちっと残念なのは今回のアートディレクターが神様(『金子一馬様』と読む)では無いこと。
今回は副島成紀さんのようです。副島さんは副島さんで好きなんですけども、僕としてはやはり神様にやってもらいたかった。
あの方の個性的な画風によって表現される一種独特の不思議な世界観が好きなので。
ちょっと残念。
でもまあ、今回始めて導入されたアニメーションを見る限りではそれ程世界観が損なわれているってことも無いかな?
これはこれで面白そう。
ああ、アニメーションといえばイゴールにも声が付いてました。目玉の親父みたいな声。ウケた。


今日の絵、葛葉ライドウとペルソナ3の主人公のコラボレーション。似てないのは勘弁してください。
左上にいるのはペル3主人公の初期ペルソナ・オルフェウス。右上にいるのがライドウのヒロイン・大道寺伽耶ちゃん。実はペル3のヒロインのゆかりちゃんも描いたんだけど、可愛く描けなかったので消しました。次は可愛く描いてやる。
[PR]
# by Glashalabolas | 2006-03-11 23:01


リョーマ様

今日はリョーマさんと久しぶりに会って一緒にメシ食いました。
イタメシ屋で食べたんですが、リーズナブルなお値段で味もそこそこだったので非常に満足でした。
そんでメシ食いつつ、お互いの近況報告のようなものを話し合ったり、将来について語り合ったりと非常に有意義な時間を過ごしました。
でも、今回は2人しか集まらなかったので少し寂しかったです。
次はもちっと集まってくれると楽しいかな?
まあ、今日は今日で楽しかったんだけどね。

ということで今日の絵、嶋さんに敵対していないという意思表示で花梨描きました。
初めて描いたら難しいな…
ちなみに僕が一番好きなキャラはこのみのお母さんです。
このみと親子丼とかいう外道な望みはないよ?
e0008863_1241773.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2006-01-22 01:24


お久しぶりだな

さあさあ半月ぶりの更新です。
年が明けてからは、新年会やったこととラオウさんが遊びに来たこと以外は、特に面白いことも無かったかなぁってな感じです。
あとはバイト、ゴロゴロ、雪掻き、ゴロゴロ、本買いに行く、ゴロゴロ……ってなもんで。
暇だとダメですね。無駄に金使っちゃいます。
いや、それなりに楽しんでいるからには無駄とは一概に言えないんですが、客観的に言えば無駄が多かったのではないかと実感しています。
14巻も出ている漫画を1日で全巻揃えたり、一回見たことのあるドラマのDVD全巻借りてみてみたり。
て言うかあれですね、3日に1回くらいは本屋に行って2、3冊本買っていたような気がします。

そうそう、この前は『笑いの大学』を借りて見ました。
僕としては結構面白かったです。
というより、三谷幸喜さんが脚本を手がけた作品は大体好きなんですが。
正月にやっていた『古畑任三郎』も良かったです。特に最初の事件が。
実行犯を裏で操っていた真犯人の存在は劇中にあった複線でなんとなく読み取れましたが、古畑が真犯人の犯行をどのように立証し逮捕するのかまでは読めませんでした。
はっきり言ってあのようなケースの犯行は立証しづらい。
実際に犯行を行ったのではなく、かと言って実行犯に対して明確な指示を出した訳でもない。
相手の心理を読み、意識誘導することによって間接的に犯行を促す。
これでは犯行を立証しようが無い。立証できなければ法律上、何をしようが罪に問うことは出来ない。
でも古畑は冷静でしたね。常に自分のリズムを崩さない。
自分が納得できるまでどんな些細なことであっても、どんな小さな矛盾に対してであっても決して考えることを止めない。曖昧など妥協など消して許さない。考えることを諦めない。
徹頭徹尾、どんな事であろうと己の中での決着は必ずつける。負けず嫌い。
その犯行を立証できないなら、犯人が犯したであろう別の犯行を立証し捕まえる。
今回はそういう決着をつけました。
人を殺しておいてのうのうとシャバで生きることを許さなかった。
古畑は負けず嫌いではありますが、どうあがいても自分には立証できないと己の中での決着を付けることが出来たらなら、そこに未練は残しません。
ダメな場合は潔く切り捨てる。でもそれは負けを認めたわけでも諦めたわけでもない。
目的を明確に意識し、正攻法がダメなら搦め手を突く。正々堂々真正面から不意討って見せる。
そういうスタイルが好きです。

他に三谷作品で好きなものは『新撰組』ですね。
大河ドラマを毎週欠かさず見続けたのはこれが初めてでした。
見てて思ったのが彼は人物を書くのが上手い。
キャラクターがとても生き生きしている。
厳しいキャラクターは唯厳しい訳ではない、おちゃらけたキャラクターは唯おちゃらけている訳ではない。厳しい人物であろうと泣くし悩むし笑う、おちゃらけた人物も仲間のためには真剣になる。だからこそ登場人物たちの喜が悲しみが葛藤が覚悟が、見ているこちらにもすごく伝わってくる。
山南が切腹するする回は
、山南の覚悟や土方の苦しみ悲しみが自分のことのように感じられた。死に行く山南の気持ちを考え、最後まであえて物を知らぬ馬鹿な女を演じ続けた明里の強さには心打たれた。最後の近藤と土方が肩を組みながら号泣するシーンなど、見ている自分もその悲しさが悔しさが苦しさがとても良く分かり涙を流した。

今回見た『笑いの大学』は戦時中の喜劇作家と検閲官の話だ。
話そのものは喜劇の脚本を巡ってのものであるため滑稽であるのだが、そこには喜劇作家としての誇りと真摯さが確かにある。戦時中だからこそ一人でも多くの人を笑わせてあげたいという喜劇作家の真剣で崇高な気持ちが伝わってくる。そういう作品でした。
僕は辛い時にうじうじ悩むような主人公は好きではない。辛い時だからこそ、現実の厳しさを理不尽さを知っているからこそ、それでも希望を捨てずに笑い飛ばすような、そんなキャラクターが好きだ。
僕自身、強い人間ではないから、余計にそういうものに憧れる。
立ち向かっていく強さに憧れる。
自分がそういうものになれなくとも。

ということで今日の絵。友達のゲスト原稿用に書いた絵
e0008863_3525029.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2006-01-18 03:52


明けましておめでとう!!

e0008863_1027474.jpg

新年明けましておめでとうございます。
皆さんもうお餅は食べましたか?
え、何、まだ食べてない? ぼくもー
年明けはバイト先で過ごしました。去年もです。もう恒例ですね。
何はともあれ今年は戌年。何を隠そう私は戌年。年男って奴ですね。
これは何だ、めでたいのか?
まあ、めでたいことにしましょう。
今年は何かもう色々と頑張んなきゃいけない年だから、気持ちだけはめでたく!!
よし頑張るぞー!!
ここを見てくれている皆さん今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by Glashalabolas | 2006-01-01 10:34


クリスマス

クリスマスだワン
今日もバイトだワン
年賀状用に絵を描いたら親から不評だったワン
e0008863_1731381.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2005-12-24 17:31


龍が如く

久しぶりの更新です。
放置するのが日常茶飯事になりつつあります。
それはそうとPS2ソフトの『龍が如く』買いました。
結構面白いです。
ストーリーも僕好みで満足満足。
ていうか主人公の桐生さんが格好良いです。
9歳の女の子つれてキャバクラやソープに行っちゃうと事か特に。
あと銃でいくら撃たれても幕の内弁当食べれば傷が治るとことか。
物語の後半になると敵(ヤクザや不良)とRPG並みにエンカウントするのがちょっとウザかったです。レベルがMAXだったうえ、所持金が500万以上ある状態だったのでザコ共殺しても時間の無駄にしかなりません。
でも全体通して楽しめたので問題ないです。買ってよかった。

そういえば『BACCANO!』のドラマCD の詳細が発表されました。
鈍行編60分、特急編60分の計120分というボリュウムです。
しかも書き下ろし小説104P に特製トランプ、『バウワウ!』や『ヴぁんぷ!』の劇場予告風お試し版ドラマがセットという豪華版!
それでなんと送料込みで、たったの4300円!!
皆さん買いですよ!!!
今ならポスターも付いてきます。
注文締め切りは2006・1・31まで!
皆お年玉片手に注文しちゃいなさい!!

などと宣伝してみる。

メディア拡大といえばMJ文庫の『ゼロの使い魔』と『神様家族』がアニメ化しますね!
って言ってもその作品に興味があって、ここ見てくれてんのは裸王さんくらいかな?
まあ別にいいんですけどね・・・
アニメになったとしても僕自身観るかわかんないし・・・
て言うか地元で放映するかもわかんないし・・・

次の更新は今年中にされるのか否か?!
乞うご期待

ということで今日の絵『龍が如く』より桐生一馬
e0008863_11122436.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2005-12-18 11:13


年末だコノヤロウ

12月に入りました。
今年もあと僅かです。
僕の周りでは冬コミの締め切りだ何だとテンヤワンヤです。
僕もゲスト原稿を描く事になっているのですが、大方終っているので気楽なモンです。
そんで今日はGEOでレンタル39円セールをやってたんで借りに行きました。
でもバイト明けの遅い時間だったため、ろくなモンが残ってません。
なので返却コーナーの方を除いてみると、ハリウッド版の『呪怨』と『パニッシャー』があったため、それらを借りることにしました。
既に2本とも見ましたが両方ともハズレでした。
ていうか、『パニッシャー』の方にいたっては、キアヌ・リーブスが主演のものではなく、同じタイトルの別物を借りてしまったため二重にショックを受けました。
これで面白ければまだ許せたのに・・・・・・
まあ39円で借りたんだし、まあいいか。
次にここを更新するのはいつになるかな?

今日の絵、いーちゃんに続いて戯言の玖渚友。
友は可愛いですね。僕様ちゃんが描いたら微塵も可愛くなくなったけど・・・・・・
e0008863_232477.jpg

あとバナー作ってみたんで乗せてみる
e0008863_261466.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2005-12-05 02:06


届いたぜイエイ

e0008863_2382476.jpg
昨日『電撃hPa』届きました。
大抵の人は何だそりゃと思うでしょうが、これは電撃文庫の方で一年に一回出しているパロディー海賊本です。(通販じゃないと買えません)
早い話が、電撃文庫で出版している作品『キノの旅』や『死神のバラッド』等のパロディーを毎回出されるお題にしたがって原作者本人が書いたものが載っています。
パロディーなので著者の違う作品のキャラクター同士が絡んだ話が合ったり、ファンタジー作品を学園物風に書かれた話等があって、非常に楽しめます。
実はまだ読んでいないのですが、挿絵を見るだけでも面白さが伝わってきます。
じっくり楽しむ予定です。

今日の絵 『戯言シリーズ』の主人公いーちゃん
何となく書いてみた
[PR]
# by Glashalabolas | 2005-11-19 23:08

    

できるだけ絵を載せるようにします。お仕事の依頼とかも、もしあれば大歓迎ですよ?
by Glashalabolas
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
レロレロレロレロレロレロ..
from カス男
Imovane side..
from Imovane and am..
浴衣プレイキタ━━━(゜..
from もんぺ
Generic cial..
from Cialis.
Celebrex.
from Celebrex.
Buy cheap ox..
from Buy oxycontin ..
Best source ..
from Propecia.
めでたく綾○レ○と合体し..
from しんじ
Celebrex sid..
from Celebrex.
だひゃはぁぉぉぉぉぉぁあ..
from ひゃく
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧