DANKE!!


祝タイトル決定!!

やったー!!
僕の大好きなメガテンシリーズ最新作、葛葉ライドウの正式タイトルが決まりました。
その名も『葛葉ライドウ 対 超力兵団』
怪獣映画を意識してタイトルを決めたらしいのですが、初めて見たとき超力兵団はねえだろと思いました。
んでも、よくよく見てみるとこれはこれで味があって良いんじゃないかとか思ってきちゃうもんです。
何だかんだ言ってもアチキはメガテン信者なもんで、アトラスさんを全面的に支持しちゃうわけなんですが。
ムービーとか見てもスゲー面白そうだし。
発売日はまだ未定ですが、今から楽しみです。
僕がまともに買い続けている唯一のRPGですので。

あと、西尾維新さんの戯言シリーズ終っちゃった・・・
友達に進められて読み始めたシリーズですけど、ものの見事にはまってしまい、新刊が出るのを今か今かと待ち続け、揃えましたよ全9巻。
人間試験入れれば、きっちり10巻。
理屈くさいとことか、ぶっ飛んだ展開が大好きでした。
キャラクターも皆、アクが強くて最高でした。
贅沢を言うなら最後にいーちゃんの本名知りたかったかも。
最後まで出さないあたりも西尾さんらしいんだけど。
解説書みたいなの出すって話だから、そっちには載ってんのかな?
てか、竹さんの画集とか出て欲しい。ポストカードとかでなくて。
好きなセリフとかもあったなぁー
「では、零崎を始めよう」
とか
「≪百万ドルの笑顔、ただしマクドナルド≫かつ≪サマータイム導入、ただし吸血鬼≫にして≪顔面セーフあり、ただしボクシング≫み・た・い・なーっ!」
とか
まあ、全部戯言だけどね。

今日の絵『葛葉ライドウ』より14代目葛葉ライドウちゃん
e0008863_1444438.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2005-11-15 01:47


一ヶ月ぶり

さあさあ、一ヶ月ぶりの更新ですよ。
その間に幾つか映画を見てきました。

面白かったのは『シンデレラマン』
王道なサクセスストーリーですね。
かつては花形だった主人公が怪我やその他もろもろの理由で、生活のためだけにリングに上がる三流ボクサーにまで落ちぶれてしまい、ついにはライセンスまで奪われてしまう所から始まる。
時代は世界恐慌の頃で主人公も働き口が無く途方にくれていた時、かつての相棒だった興行師の男が怪我をした選手の代わりに一夜だけ再びリングに上がらないかと誘いに来た。
勝っても負けても多額のファイトマネーが貰えるということで、主人公は喜んでその誘いを受ける。
突然ライセンスを奪われ、リングに未練を残していた主人公はこの一夜限りの試合を自分の引退試合にしようと、その日だけは家族のためではなくボクサーとしての自分のためにリングに上がることにした。
久しぶりに上がるリングの周りにはスタジアムを埋め尽くす大勢の観客。
リングを照らす眩いスポットライトと歓声の嵐。
それはこれからリングで戦うボクサー達を称える最高の舞台。
主人公は思い出した、歓声とスポットライトを浴びリングに上がることの喜びを。
落ちぶれ、生活のためだけにリングに上がっていた時には忘れていた、ボクサーとして戦うことの誇らしさを。
一切の気負いも無く、喜びに打ち震える心のままに拳を振るう。
相手から浴びせられるパンチの痛みすら懐かしい。
今までに無いほどの充実した気持ちで戦い、彼は勝利した。
誰もその結末は予想すらしていなかった。
そこから彼のサクセスストーリーが始まる。

てな感じの物語でした。
ラストの試合など見ている自分も映画の中の観客になったような気分で主人公を応援していました。全体的に緩急のあるテンポ良い流れで物語が進むので観ていて引き込まれます。
王道を貫きとおした良い映画でした。

も一つ面白かったのが『SAW2』
これは見るものの心理の裏をつく見応えのあるスプラッター映画ですね。
僕はこの一作目がいたく気に入っていたので、これも非常に楽しみにしていました。
これはまだ上映しているので、あらすじは書きませんが結構楽しめます。
ちょっと残念だったのは、一作目ほどラストの「騙されたぁー!」って感じが味わえなかったことですね。
このシリーズの上手い所は、観る側の意識を上手く誘導して物語の真実をラストまで悟らせない脚本と演出ですね。
上手な手品を見せられた時のように心理の裏をつれます。
しかし二作目である今作もきっとそうだろうと思って見ていたので、ある程度オチが読めてしまい、少し物足りない感じもしました。
僕の想像の更に上を行くようなオチであってくれれば、もう少し楽しめたかもしれません。
でもまあ、面白かったことには違い無いので、時間とお金に余裕があれば皆さんもご覧になってはいかがでしょうか。

今日の絵「SAW2]よりジグソウの人形
e0008863_0524996.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2005-11-13 00:51


お久しぶりに

祝『バッカーノ!』ラジオドラマ化決定!!
やったーっ!
前に撲殺天使ドクロちゃんのラジオドラマの中で予告編をやっていましたが、実現するとは思いもしませんでした。
しかもシリーズの中でも1番好きな1931年フライング・プッシーフット号の話をやるらしい。
今から楽しみだなぁ。ドラマCD発売したらもちろん買うけど、生でも聞き逃さないようにしなくては。
e0008863_23334016.jpg


後ついでに、この前学際で展示したハガレンの絵も載せときます。
雑だなぁ・・・
e0008863_016248.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2005-10-12 23:39


ADVENT CHILDREN

『FFⅦ ADVENT CHILDREN』を観ました。
すごいです。
まったく持って期待を裏切らない出来です。
特にアクションシーンは圧巻です。
3DCGアニメーションの持つ長所をフルに使った弩派手なバトルシーン、大胆なカメラワーク、一時も目を離せないスピード感。どれをとってもすばらしい出来でした。
最近のアクション映画と比べても遜色無いどころか、僕個人の感想としてはそれらを超える出来栄だったと思います。
キャラクターたちの非現実的な動きも、クオリティーの高い3DCGという漫画と実写の中間のような表現のものなので、それほど違和感無く見ることができます。むしろそうだからこそ、他では見られない現実と仮想の狭間のような、一種独特の雰囲気のある作品に仕上がったものと思われます。
ストーリーに関しては元となったゲームがあるため、ゲームをプレーしたことのある人にとっては、物語の中にちりばめられたメッセージやキャラクターたちの心情も読み取りやすく、そこかしこに出てくる演出にニヤリとさせられることでしょう。
登場人物のキャラクター(人格)やキャラクター同士の関係を観る側が事前に知っているというのは、作る側にとって大変有利です。ほんのわずかな演出で、作る側が表現したいメッセージを観る側に伝えることが出来るからです。つまり、多くの表現を省略することが可能なのです。
決められた時間の中に、一つの物語を詰め込むのはすごく大変なことです。この作品は物語の核となる部分を事前にゲームで知ってもらっているため、必要最低限の表現だけで物語を作ることが出来ているのです。
よって、ゲームをやっていない人には理解しずらい作品だとも思います。
だからこそ、この作品は映画ではなくビデオアニメーションとして発表されたのでしょう。
正にこの作品の初めにあるように、かつてFF7という作品をプレーしたユーザーに向けて作られた物語なのでしょう。
このように見せる相手の方向性を絞った作品であったからこそ、クオリティーの高いものになったのかもしれません。


ということで今日の絵はエアリスです。
ティファやユフィーも可愛いですけど、エアリスが1番好なもので。
リアルに描くのってムズイです。
e0008863_10245333.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2005-09-20 23:28


今日から授業

e0008863_19423323.jpg
卒論終わったはずなのに授業。
何故かって?
それは貴方、この私が留年したからですよ、親愛なる私のお友達たち。
廃屋に住み着くダニよりも数段愚かな私めは卒業するためのシステムを勘違いしていたらしく、本来採らなければならない授業を採らず、採らなくてもいい授業を採っていたため、ハイ留年。バツ。ボッシュート。擬音で表すなら『ブブーッ!』。ザンネン。とっとと消えろってやつですヨ・・・
親に余計な金使わせてしまうので、大変心苦しい。
でもまあ、なっちまったもんは仕様がない。
金ならこれから働いて返せばいいだけのこと。
落ち込むことにも飽きたので、今やるべきことをやろうってなもんです。
当面のやることとして、単位採るのは当然だが大学祭で展示するイラストを描くことをしようかと思っています。
マン研のブースで展示するやつです。一般のお客様にも分かる様にTVアニメのキャラクターなどを描く決まりになっているので、『鋼の錬金術師』を題材に描く事にしました。
私は遥か前にここで書いたように『鋼の錬金術師』の映画を見に行くために、1日でアニメ版全話を観るということをやってみました。やれば出来るもんです。
そうやってしなくてもいい努力をやり遂げた上で、映画を見に行きました。
思ったほど盛り上がりませんでした。つまらなくは無いと思いますけど。
まあ、そういうことで映画版のエドたちを描きました。
友達にエドが老けていると言われました。
がんばって描いたのはいいけど、色塗るのめんどくさそうだなぁ・・・
[PR]
# by Glashalabolas | 2005-09-15 19:43


チャーリーとチョコレート工場

前回の更新からまただいぶサボっていました。すいません。
ということで、本日は『チャーリーとチョコレート工場』を観てきました。
観た感想としては、ティム・バートンらしい作品だなぁっという印象を受ける作品でした。。
とても夢のある物語で、なかなか楽しめました。
ジョニー・デップが扮するチョコレート工場の主ウィリー・ウォンカもいい味を出してました。
パイレーツ・オブ・カリビアンの時のジャック・スパロウと同様、ジョニー・デップはこういう個性的なキャラクターを演じるのが上手いと思います。
彼が演技派俳優と言われる所以でしょう。
また、今作はティム・バートンが監督ということで愛称ばっちりです。
ジョニー・デップが主演した映画の中で代表作とされる『シザーハンズ』もティム・バートンが監督していました。
また、10月に公開されるディズニー作品『コープス・ブライド』も共に仕事をしています。
なにはともあれ、今作も二人の息はばっちりだったようです。
皆さんも観に行ってはいかがですか?

ということで今日の絵は、ウィリー・ウォンカです。
友人のいたちさんの所のお絵かき掲示板で描いてきたものです。
似てないのは勘弁してください・・・
e0008863_048010.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2005-09-15 00:47


長いこと放置してました

長いこと放置してたから、もう誰も見てないだろうな。
とりあえず、絵描いたんで載せときます。
学校祭でクレープ屋をやるのでそのポスターを描きました。
前から作ってあった素材をふんだんに使いましたので、模様とかがんばって描いたように見えてそうでもない一品です。
ライノベの表紙っぽく描いてみようと思ってやったのに、出来上がってみればエロゲのパッケージっぽくなってしまいました・・・
食品のポスターにしては、いかがわしいですね。
まあ出来はまあまあ良い方なんで、とりあえず満足。
でもやっぱ、相変わらず雑だなぁ・・・

ああ、念のため書いておきますが実際に学校祭でやるときはこんなカッコのウエイトレスさんはいません。こんなにエロいのに・・・
e0008863_7332074.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2005-09-01 07:33


卒論完成!!

やっとこさ卒論が完成しました!!
イエーイやったね♪
まだ発表が控えてるけど、それはまあ成るようになるでしょ!!
つかの間の自由を俺に!!
でも明日テストあるから自由でもない・・・
e0008863_0493420.jpg

[PR]
# by Glashalabolas | 2005-07-15 00:37


我が家が一番

「卒論、このままだとちょっとヤバイから、今週末は泊り込みでやるぞ」
とゼミの先生から脅されて、やる気満々で泊り込む用意をして早朝から学校に行ったら、午後7時を過ぎたあたりで
「今日はもう帰って良いぞ、月曜日までにさっき言ったところまでやってこい」
と言われる。
あ、あれ?
今日は泊り込みなんじゃなかったの?
いやでも、家のパソコンでやった方が効率良いし、帰っていいと言われたのなら帰りますかってなわけで今に至ります。
月曜までにやってこいよといわれた作業にしても、もう8割がた終わっているんで気が楽です。

ってなわけで、さっきまで1時間くらい絵を描いていました。
前の日記にも書きましたが、こういう切羽詰っているときほど筆が進むと言う性分ってなもので、今日は2キャラもかけて大満足です。
そのうち1キャラは先日描いたナベリウスです。
日記に張った後で見返して、そのあまりの出来の悪さに描き直したくなったんで早速実行しました。
頭でかいは、パース狂ってるはで気に入らなかったんですよ。
e0008863_1445164.jpg

もう1キャラはイポスちゃんです。
この娘も他の二人と一緒で悪魔っ娘です。
頭と脚はアヒル、体は獅、尻尾はウサギと言う姿をしているらしいのですがアヒルの頭を表現するのはちょっと難しかったので、アヒル口にライオンヘアーってな感じにしてみました。
こういうフワフワした感じの髪形を描くのは割りと好きです。
e0008863_1452447.jpg

グラシャを含めてこの3人はネビロスという悪魔の部下として働いている地獄の王たちです。
彼女たちは悪魔の中でも特に凶暴な部類に入る魔人たちなのですが、同時に多くの知識や術を与えてくれる存在でもあります。
インテリな暴れん坊です、手に負えません。
次は3人の上司にあたるネビロスを描いてみようかな
[PR]
# by Glashalabolas | 2005-07-10 01:42


嵐の前の静けさ

いよいよ卒論提出まであと1週間を切りました。
もう遊んでいる時間は全然、完璧、微塵も無い状態です。
絵を描くのもしばらくお預けと言う事でとりあえず描きました。
グラシャと同じ系列で悪魔っ娘です。
名はナベリウス、召喚者にあらゆる術と学問を教えるといわれるグラシャの同僚です。
とりあえず3つ首の鴉の姿で表れたときの姿で描きました。
暇が出来たら彼女たちを使って漫画でも描いてみたいなぁ・・・e0008863_2294816.jpg
[PR]
# by Glashalabolas | 2005-07-08 02:29

    

できるだけ絵を載せるようにします。お仕事の依頼とかも、もしあれば大歓迎ですよ?
by Glashalabolas
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
レロレロレロレロレロレロ..
from カス男
Imovane side..
from Imovane and am..
浴衣プレイキタ━━━(゜..
from もんぺ
Generic cial..
from Cialis.
Celebrex.
from Celebrex.
Buy cheap ox..
from Buy oxycontin ..
Best source ..
from Propecia.
めでたく綾○レ○と合体し..
from しんじ
Celebrex sid..
from Celebrex.
だひゃはぁぉぉぉぉぉぁあ..
from ひゃく
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧